消費者金融でお金を借りてパチスロの軍資金にあてると

私は以前パチンコとパチスロにはまった時代があり、10年以上前はパチスロも爆裂機という機種が全盛期の時代で比較的勝ち易い時代だったので、一時はパチスロの勝ち金で生活していた時期もありましたが、そんな時期はすぐに終わってしまいやがて私はパチスロで全く勝てなくなってゆきました。

パチスロで勝てなくなると当然パチスロを打つ為の軍資金はどんどん目減りしてゆきます。

しかし私はパチスロを止めずに打ち続けていた為、終いにはとうとう私はパチスロを打つ為の軍資金はおろか、生きてゆく為の食費や家賃などの生活費にすら困窮する有様になってしまったのでした。

困った私はパチンコ屋の近くにあった「スタッフィ」と言う消費者金融で新規契約を結んで初回の融資10万円を借りたのですが、その時の出来事が印象的だったのです。

私が「スタッフィ」に入って新規契約の手続きをしている時に私の担当をしていた男性社員が突然私に向かって頭を下げて謝ってきたのです。

私は何事かと思い謝った理由を聞くと、「先日は間違えて督促の電話をかけてしまい申し訳ございません」という理由でした。

結局それは人違いだったのですが、新規契約なのにいきなり男性社員から頭を下げられた私は何だか不思議な気持ちになった事を記憶しています。

このページの先頭へ